「優艶の花 後篇 調教された淫ら妻」 性に目覚めた人妻の痴態が満載!!

 

優艶の花 後篇 調教された淫ら妻 紹介画像

ダウンロード版の各販売サイトから入手可能です。ご購入の前にぜひ一度お試しください!

ピックアップ!

無料体験版について

夫の目を盗み義弟との禁断の関係は更にエスカレート。彼女の体は徐々に快楽に目覚めていくのだった!

詳細情報

登場人物

序章

一押しポイント

火元 優華

自慰行為をネタにタケルに脅され性奴隷の日々を送る優華。

あらゆる快楽を教え込まれた彼女は、やがて淫らな女としての性に目覚めてしまうのだった。

そんな彼女が下した決断は!?

身長:158センチ

B:88

W:59

H:89

血液型:O型

火元 昭一

火元 タケル

小説家で優華の夫。

妻と弟の不貞に気付く事も無くマイペースな生活を送っている。彼の新婚生活はどうなってしまうのだろうか?

新婚家庭に突然転がり込んできた昭一の弟。兄の妻を寝とった後、彼の行動はエスカレートするばかり。あの手この手で幼妻を凌辱し続ける。

自慰行為に夢中になっている姿を義弟(タケル)に目撃されてしまった優華。その事がきっかけで肉体関係を持つまでになってしまう。それ以降タケルは底なし沼の様に彼女の体を求めてやってきた。

朝食の支度をしている時、風呂やトイレ掃除の最中など彼女が一人でいる所を見計らっては所構わずペニスを押しつけてきたのだ。夫以外の男性経験が無い(それすら数える程)彼女にとっては、義弟のそそり立つ肉棒は見る事さえ恐ろしい物だった。 けれども欲求不満の彼女にとって次第にそれは快楽の対象として映るようになってしまった。

そして今ではタケルに見つめられるだけで体が熱くなり、ネットリとした熱い愛液が股間を濡らすのだった。

それは夫が近くにいるほど激しくなった。 見つかってしまうかもしれないというスリルが彼女の体を敏感にさせて、より激しい快楽を脳に送り込むのだった。

 

ある日、三人で食事中に机の下でタケルが足の指を使って優華のワレメをまさぐり始めた。

クリ●リスに男の無骨な足の指が触れた瞬間、強烈な快感が体を駆け抜ける! 電流が走った様に体がのけ反り思わず箸を落としかけた。 ツボを探り当てたタケルはそのまま執拗に指先で股間をいじり続る。

これまでに何度も躾けられた優華の体は、その刺激に耐えられるはずも無く夫の見ている前で声を噛みしめつつ激しい絶頂に達してしまったのだった!

次はタケルにどんな目にあわされるのだろうか…。
そんな不安と秘めたる期待を抱きつつ若妻の快楽地獄が今日も始まろうとしていた。

「優艶の花 調教された淫ら妻」は美しい若妻が弄ばれ崩壊していく様を描いた3Dムービー作品の後篇です。

後篇でもテキストを使用せずムービーのみで構成されていますので没入感が高い作品となっています。

前義重視の内容だった前篇とはうって変わって本作では本番シーンがふんだんに盛り込まれています。

ご要望の多かったパイズリなど乳房への集中的な責めを描いたシーンも用意させて頂きました。

前篇後に頂いたご意見を参考に射精時の断面描写も急遽追加しています。
乳房など体の細部の揺れの再現、半脱ぎ状態での性描写などエロティック要素満載です!
更にフィニッシュシーンでは顔射、2穴中出しなどマニアックな物が豊富に用意されています。

次第に快楽の虜となり、やがて全てが狂っていく淫らな若妻の最後を見届けて頂ければ幸いです。

 

★ 更にエロスを追及、無駄を省いた 74 分にも及ぶフルHアニメ !

★ 巨乳いじめ専用シーン有り、徹底的に若妻の乳房を弄べ!

★ ロングループシステム採用、多彩なプレイで飽きさせません!

★ 前篇に続き半脱ぎ状態でエッチ、リアルな表現でエロさ倍増 !

★ フィニッシュシーンは全て中出し、乳攻めではぶっかけ、顔射も有ります !

★ 射精時の断面表現をプラス、好みによって ON/OFF の切り替え可能 !

★ 女性フルボイス、進化した効果音がシーンを盛り上げます !

ギャラリー

動作環境

Flash Player10 以上が動作するWindows PC

(OS)Windows XP / Vista / 7 / 8 / 10

(CPU)Core2Duo以上推奨

(メモリ)2GB以上推奨

(HDD)1.7GB以上の空き容量が必要

(その他)解像度1024×768以上表示可能なフルカラーディスプレイ、サウンドカード
*上記のスペックを満たしていても完全に動作保障は出来ません、ご購入前には必ず体験版での動作確認をお願いします。

ページの先頭へ

<本サイトの画像・文章等関する著作権はDoubleSoftCream©が保持しています。無断でのあらゆる形による転載・二次使用を禁止します>